読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽにぽにっき

日々のあれこれとかすきなものとか

エモ散らかすおばさん

最近、エモ散らかした話でも。

 

私、音楽が大好きなんですが、本格的に音楽に興味をもったきっかけは2010年に散開してしまったBEAT CRUSADERSでした。

 

当時中学生だった私はある日、たまたまFMラジオを聴いておりました。

その時そのラジオ局でヘビーローテーションになっていたのがBEAT CRUSADERSHIT IN THE USAでした。

 

はじめてHIT IN THE USAを聴いた時、恥ずかしい表現を使うならば私の脳内に衝撃が走りました。

それまで幼少の頃に聴いていたその当時流行りの小沢健二などを除いては、まわりの友達がみんな聴いている所謂J−POPばかりを聴いておりました。

 

BEAT CRUSADERSを好きになってから私の音楽への興味がどんどん大きくなり、いろんなバンドを聴くようになりました。

 

こんなのとか

www.youtube.com

こんなのとか

www.youtube.com

こんなの

www.youtube.com

所謂、ロキノン系と呼ばれる音楽ばかりを聴くようになりました。

そして私は高校生になり、人生で一番影響を受けたといっても過言ではない友人と出会い、私はライブハウスに出入りするようになったのでした。

まあ、その友人はロキノン系バンドは好きではなかったのですが。

ライブハウスでのおもしろばなしはまた別の機会に。

 

初めてBEAT CRUSADERSのライブを生で見たのは2006年のBOYZ OF SUMMERでした。

確かASPARAGUSとかストレイテナーが出ていました。

私はその時、高校1年生でした。

初めてのビークルのライブに万全のコンディションで挑むために前日に人生で初めてのコンタクトを眼科に買いに行ったのも今となってはいい思い出です。

 

夢にまでみたビークルのライブに興奮しすぎてその時のことを一っっっっ切覚えておりません。

ただ、とにかく楽しかったことだけは覚えているような気がします。

 

2006年のBOYZ OF SUMMERをきっかけに私はBEAT CRUSADERSのライブに行くようになりました。

まあ、チケット取れなかったりで回数的には10回くらいしか行ってないんですが。

大学に入ったあたりからいつの間にかBEAT CRUSADERSのライブに行くことがなくなり、2010年を迎えました。

ただ、ライブに行くことがなくなっても、iPodから彼らの曲が流れることが減っても、彼らの音楽が好きなことに変わりはなく、そのうちまた彼らのライブに通うようになるだろうとその時は思っていました。

心の何処かで彼らは絶対に解散しない、見たくなったらすぐ見れるバンドだと思っていたのです。

なんとなく、彼らは解散しないだろうという自信が当時の私にはあったのです。

BEAT CRUSADERSが散開すると知り、私は非常に動揺したことを覚えています。

 

2010年9月4日、私は泉大津にいました。

OTODAMAにて散開する彼らの最後のライブを見るために。

OTODAMAは例年チケットが売り切れないイベントを言われていましたが、その年はBEAT CRUSADERS最後のライブということもあり、OTODAMAがはじまってはじめてチケットがソールドアウトしたそうです。

それでも主催者側の意向もあってかRUSH BALLなど他の夏フェスと比較してゆったりしておりました。

(それでも毎年並ばずに入れるトイレに並んで入らないといけないなど例年に比べると混雑していましたが。)

奇しくもその日はカヨ氏が脱退して充電期間に入っていたPOLYSICSの3人での復活後最初の大阪でのライブの日でもありました。

私は1日でバンドが復活する姿と終わっていく姿、両方を見ることになったのでした。

その日は白目充血絶叫楽団としてフラワーカンパニーズSET YOU FREEテントに出ており、バンドが続いていく姿も見ました。

その日は朝からエモ散らかしっぱなしで、復活したPOLYSICSの姿を見ては泣き、散開するBEAT CRUSADERSの姿を見てそれ以上に泣きました。

 

彼らの最後のライブはなんだかわかりませんが私の中でドラマを見ているような感覚になったのです。

下ネタ丸出しモラル全く無しの例のコールも私にはドラマチックに見えたのです。

彼らのセットリストは私が一番BEAT CRUSADERSを聴いていた時によく特によく聴いていた曲ばかりでした。

 

そして最近、たまたまYouTubeを見ていた時に見つけてしまったのです。

2010年の散開ライブの映像を。

www.youtube.com

1週間位前に見つけたのですが、そこから毎日思い出したかのようにBEAT CRUSADERSを再びヘビーローテーションするようになり、毎日エモ散らかしているのです。

昔よく聴いていた曲をふとしたきっかけでまた自分の中でのブームが来ることがよくあるのですが、今回はBEAT CRUSADERSブームの再来のようです。

 

嗚呼、副業でもいいから再結成してくれませんかね。

散開後の各々の活動も追っかけてみましたが、やっぱりBEAT CRUSADERSとして活動している彼らが見たいのです。

 

 

 

 

 

レキシネーム加藤エロ正には盛大に笑いました。

頭からポップコーン

いきなりですが、私立恵比寿中学が好きです。

 

柏木ひなた推しです。

春ツアー、チケット取れませんでした。

まあ、取れたとしても仕事があったので行けるか微妙なラインだったのですが。

行きたかったな、春ツアー。

 

もともとはももいろクローバーZが好きで、そこから派生してエビ中を好きになりました。

そしていつの間にか立派なスタダDDに成長しておりました。

ももクロれに推しです。

www.youtube.com

これな。

ハマったきっかけは映画のモテキで流れたこの映像な。

 

モテキ

モテキ

 

 

ももクロのドームツアーは1日だけ行きました。

京セラのアマランサス。

れにちゃんと目が合った!目が合った!とほざきちらしておりました。

基本的に可愛くて愛嬌がある女の子が大好きなようです。

いかんせん自分が可愛げも愛嬌も持ちあわせておりませんので。

いつの時代も人はないものねだりをしてしまうのです。

 

嗚呼、愛嬌がほしい。

話が逸れましたが、とにかく私はエビ中が好きなのです。

いつの間にかももクロよりも好きかもしれないレベルまで自分の中で好きな存在になっておりました。

だって曲がももクロよりも好きなんだもの。

 

www.youtube.com

 

嗚呼、なんてかわいいの。

自分が10代の頃に体験できなかった、憧れていた10代特有のキラキラ感を兼ね備えていると思うのです、彼女たち。

たまに可愛すぎて、キラキラしすぎて生きるのが辛くなるレベル。

彼女たちを見るたびに10代に戻りたいと思うのです。

まあ、自分が過ごした10代の時間も今となってはとても濃いものだったと実感しているのですが。

 

あと、たむらぱんと彼女たちの相性良すぎな。

www.youtube.com

 

エモい。

ただただ、エモい。

自分が10代の時に持ってた想いとか、彼女たちが歌うことによって体現してくれてるような気分になるのです。

 

あと、いろんなタイプの曲を歌えるのも彼女たちの強みだと思うんです。

とにかく曲の振れ幅が大きい。

作家陣に恵まれてると思います。

まあ、自分の琴線にドンピシャで触れるのはだいたい自分が好きなミュージシャンが提供してる曲だったりするのですが。

とにかく好きすぎて誰かにこの想いを聞いてほしいのです。

ただの自己満足ですが。

 

現世で徳を積めるだけ積んで、来世はアイドルに転生しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

モラトリアムおねえさんがブログをはじめるようです

はじめました。


はじめた理由:

ただただ勢いだけで購入したMacBook Proを使って何かをしなければきっと置物にしてしまう、謎の自信と危機感を覚えたため。


ただ、この記事はiPhoneを使って書いています。

さっそく置物フラグが立ちました。

明日から頑張る、明日から。


日々のあれこれ、すきなものを忘備録的に綴っていければと思います。

とりあえず、放置しないように。